イメージ画像

便利なクレジットカードの現金化は違法か合法か

クレジットカードの現金化は、便利な方法であることは確かです。
メリットも多く、誰でも利用ができる可能性があります。
クレジットカード会社などのポイントもつきますので、これも活用することができれば低金利にすることもできるのです。
問題はこの方法が合法ではないのではないかということにあるかもしれません。
あまりに便利デメリットが多くなるのですから、違法な気がすると感じるのも当然です。

重要なことですが、クレジットカード枠を現金化すること自体は、グレーな扱いです。
しかし、ショッピングで購入したものが不必要になったから、売ってしまうことは違法とは言えない部分があります。
この違いが重要でしょう。

違法といえるのは、クレジットカードの枠を現金化です。
何も商品を購入したりしていないのに、違法な金利をかけて現金化したりしていた業者がありました。
この行為がダメだといわれているところに注目です。
つまり、買ったものを売ることではなく、何も買っていないのに換金することがダメだといわれています。
ただし、現金化目的の商品購入は禁止しているクレジットカードもあります。
この点では規則に違反する可能性がありますが、これも違法行為というより規則違反であるといえるでしょう。

ここで実例を踏まえると、キャッシュバック付き商品の購入の場合は、流れが異なります。
この方法は商品購入に対する総付景品だから、購入品に対してこんなに高いキャッシュバックが問題と思われる方は、もう少し解釈をしな ければいけません。
キャッシュバック付き商品に関して、景品表示法に当たらないとの見解が出ているのです。
これが社会通念上問題のあるようなものでなければ、違法なことに該当していません。
つまり、このキャッシュバックは、違法ではないといえるのです。

これも、現在は違法ではないと解釈することができ、利用することができますが、将来には違法になっているかもしれません。
ですが、こうしたことは何にでも言えることですので、現在は安心して利用することができるでしょう。
ただし、こうしたことに付け込んで、悪徳なことをするところもありますので、その点だけは注意が必要です。


このページの先頭へ