イメージ画像

自分で行う現金化はクレジットカードがブラックリストになってしまう?

クレジットカードの現金化をすることは、やり方を考えれば自分で行うこともできるでしょう。
還元率というものを見てみると、手数料の問題もあることから自分で行ったほうが得だろうと考えることもできます。
いっそ自分で行ったほうがいいと思うことだってあるはずです。
自分でできる方法をいろいろと考えてみることも大切ですが、ここに大きなデメリットが潜んでいることを知るべきでしょう。

自分で行うということは、転売をすることになります。
手数料は自分で行うのですからかかりません。
ですが、いくらで売れるのかという差の部分が大きなネックになってくることを忘れてはいけないでしょう。
いうなれば、これが還元率になってきます。
あまりに大きな差がつくようなら、大きなデメリットとなる可能性があるのです。
たとえば、10万円の商品を購入し売却したとして8万円で買い取ってくれる確実性はありません。
7万円どころか、5万円になる可能性もあるでしょう。
商品によっても違いますし、はっきりと決まってくる都合のいいものは少ないのです。

もうひとつ困ったことに、クレジットカード会社のブラックリストに入れられてしまうことも出てきます。
そうなるとクレジットカードを止められてしまう可能性が出るのです。
よくあるのが、高還元率だと簡単に考え、新幹線のチケットを大量に購入して金券ショップに持ち込むことでしょう。
誰でも簡単ですし、魅力的に見えるのです。
ところが、クレジットカード会社は転売を禁止しています。
日々チェックされているのですから、異常な取引として考えられる可能性があり、利用停止措置になる可能性があるのです。

自分で行うのであれば、こうした異常な取引とならないようにしなければいけません。
もしも、ブラックリストに入れられたりすると、その会社はもちろんのこと、ほかのカードも作れなくなる可能性も考えなければいけない でしょう。
キャッシュバック付き商品の購入であれば、禁止されている取引とは異なる方法です。
クレジットカード会社のチェック対象とも異なり、単純に商品の購入でしかありません。
手数料はかかりますが、確実性が高いことを考慮しておくべきでしょう。


このページの先頭へ